審査は全部で3つの機関に照会

3つ
 
もしあなたがフリーターという属性で学生カードローンを銀行系カードローンで申込することになった時、審査の際に照会をかけられる個人信用情報機関は全部で3種類になります。
 
 

1つ目

KSCと呼ばれる銀行系の個人信用情報機関で、ここでは主に銀行が融資したローン商品の信用状況を確認されることになります。
 
学生カードローンですから、まずないと思いますが…
例えば、住宅ローンで支払えないようになっていないか?マイカーローンで焦げ付いていないか?
または、プロパーといって金融機関の役席者の決裁により特別融資を受けていないかを調査されます。

プラス

2つ目

それが終わると今度はCICと呼ばれるクレジットカード系の個人信用情報機関に信用状況が照会されます。
 
ここでは主にクレジットカードで過去に事故歴がないかを調査され、またクレジットカードのキャッシングやショッピングをどれくらい使っているのかを調べられます。

プラス

3つ目

それが終わると最後はJICといって消費者金融系の個人信用情報機関へ照会をかけられます。
 
ここでも過去にカードローンで焦げ付いていないか?債務整理などを行った事故者ではないか?または消費者金融から借入がどれくらいあるのかなどを調べられたのち、最終的にいくらの枠の融資になるのかが決まります。



男の人このように非常に多くのフィルターを通すことになりますが、それもすべて貸し出しの原資である預金者保護を前提としているためであり、銀行で学生カードローンを申込しようとした時は、総じてとても入念に調べられる傾向にあります。

 


このページの先頭へ