学生カードローンの代位弁済

ルール
 
もしあなたが学生カードローンの作成をして利用中に何らかの返済が出来なくなった時、その返済すべき借金は誰かが肩代わりする必要があります。
これが民法上の規定にある代位弁済なのです。
 

  • 代位弁済……本来支払うべき借金が何らかの理由で支払できなくなった時、貸した側がその債権を保証会社などに売ったり、譲渡したりする事。

 
ただし本来は行うことのない、やむを得ない措置になりますが、こうする事で貸した側の焦げ付き債権化は免れることになります。
 
学生カードローンの代位弁済の通常のプロセスとして、先ず一時督促が本来の債権者から入ることになります。
それで返済が困難と判断した場合、今度は連帯保証人である両親や兄弟のところに督促が行くことになります。
しかしそれでも回収が難しい場合、貸した側である債権者はその債権を別の債権管理会社へ売ってしまいます。
そして買い取った債権管理会社は、最初の契約者へ取立てを行い、または連帯保証人である両親や兄弟へ督促を行うのです。
 
こうする事で学生カードローンの焦げ付き債権化のリスクをできるだけ回避しようとしているのです。
また学生カードローンで代位弁済化した時はそれなりに覚悟も必要です。
 
本来自分自身で返すべき借金を連帯保証人が返済する事になるわけですから、連帯保証人にも相談し、返済できなくなっている事ややがて督促が連帯保証人であるご両親やご兄弟のところにもやってくることをあらかじめ伝えておくべきでしょう。
そうならない為にも借りたお金はしっかり返すという意識がとても重要です。
 


このページの先頭へ