親にバレナイ秘密厳守が前提

内緒
 
学生カードローンを申込する際に最も重要な要素のひとつに、親には連絡をしない事という要素がありますし、多くの学生カードローンを利用している人達がそれを希望します。
 
またこの家族に知られたくないという希望をもった債務者は学生に限らず、会社員やフリーターやパート勤めしている人の多くが申込する際に出す希望でもあります。
とにかく家族や子供、または配偶者には知られたくないという人は多いです。
 
 

親にバレないようにするには・・・?

親にバレない
 
そしてこういった希望を貸金業者側も上手に汲み取り、在籍確認時は会社の名前を出さず個人名で在籍確認を行うのが一般的です。
しかし申込時には必ず緊急連絡先と称して両親の連絡先を聞き取ります。
 
また貸金業者のいう緊急の定義として、本人と連絡が取れなくなった場合の連絡先とのことですので、借入期間中に住所や電話番号が変わった時や、アルバイト先が変わった時などこまめに報告を入れていく事が重要です。
 
そうしないと万が一履行が焦げ付いた時などは、容赦なく緊急時と称して両親のところに連絡が入る可能性があります。
 
しかし借入してもちゃんと期日までに返済していれば、そのような事はありませんし便宜的な緊急連絡先として重要視されなくなります。
つまり学生カードローンで借入する際に一番怖い事は、自己都合で退学したり、卒業後の就職で環境が変わった時にその情報が来ない事を危惧しているのです。
就職するとなると当然年収も変わってきますし、引越ししたら家賃の額も変わります。
 
こういった情報を基に返済リスクを計算し融資を行っていますので、環境が変わった情報は一刻も早く貸金業者へ連絡する必要があるのです。
 


このページの先頭へ