申込出来る人と出来ない人がいる

できる人とできない人
 
カードローンの申込というと基本的に安定収入があり、働いている人じゃないと申込する事が出来ないのではないかと思ってしまいがちです。
そうなると学生は申込出来ないのではないかと錯覚しますし、学生カードローンというものに申込ためにはどうしたらいいのかと不安になってしまいますが、学生でもアルバイトなどで安定的な収入があって20歳以上の条件を満たしていれば申込は可能なのです。
 
また申込可能なカードローンの会社も消費者金融から銀行系カードローンに至るまで殆どの貸金業者のカードローンに申込する事ができるのです。
 
学生専用の学生カードローンという事業を主体で行っている業者もありますが、この場合、殆どが親権者を保証人に立てたり、本人向けの融資という名目で、実際の返済は親が行うといった形の異なる名義貸しをしている事が多く、本人が自ら働いて返済していくタイプの学生カードローンとは形状が異なります。
 
 

学生カードローンに申込めない人もいるの?

バツ
 
学生カードローンの中には学生であっても申込する事が出来ない人もいます。
どういった人かと言いますと、条件として…

申込者が20歳に満たない場合と働いていない人が申し込み除外条件となります。

 
また20歳以上でも成年後見人制度を利用しているような学生もこの付加条件に該当しますので申込できません。
 

  • 成年後見人……昔の禁治産者(心神喪失している人)で、裁判所の命令で後見人または保佐人がついている人の事を指し、自分自身で契約行為が出来ない人の事を指します。

それ以外の人は審査があるので融資可否の判断によりますが申し込みはすることが出来ます。
 


このページの先頭へ