学生カードローンは保証人不要

バツ
 
学生カードローンもそうですが、一般的にカードローンは保証人が不要です。
 
かつてカードローンをつくる際には必ず連帯保証人が必要であった時代がありましたが、現在は多くのカードローン商品が保証人は不要となっています。
その代わり保証会社というものが付きます。
 

  • 保証会社……万が一、債務履行が焦げ付いたような場合に貸主が持っている債権を買取ってくれる会社で、現在保証人不要のカードローンの多くがこの方法を採用しています。

 
しかし学生カードローンの場合、相手が学生という事もあり、カードローンの商品によっては、親権者に債権の督促をするカードローンありますので注意が必要です。
 
多くの学生が自分自身が学生カードローンを利用している事実を親権者に伝えていません。
従って親権者へ連絡されることを極端に拒みます。
そのため返済が延滞しないよう返済期日に対して非常にシビアになります。
多くの学生ローン利用者が、一般の会社員やパートやフリーターなどに比べて期日を守る率が飛びぬけて高いそう。
やはり借りたものは一刻も早く返済して楽になりたいという思いがあるのかもしれません。
 
学生カードローンの場合、まだ両親が働いているケースも多く、本人よりも両親の弁済財源のほうが確実性は高く充てにできるというのもあります。
 
しかし、万が一、両親にその事実がバレてしまった時は修羅場になる可能性も…。
学生カードローンの保証人不要という代償は高くつくので、保証人不要であっても、お金を借りたらその後ちゃんと返済をすることを忘れないでください。
 


このページの先頭へ