学生カードローンでも仕事は必須

必須
 
学生カードローンとはいえ安定収入は必須ですし、返済財源の確保は貸金業者側からしてみれば融資にあたって最も大事な要素の一つになります。
 
従って学生カードローンとは無職の学生では申込みすることは出来ず働いている事が大前提となります。
その辺は一般の消費者金融と考え方は一緒ですし、学生だからと言って特別な優遇はありません。
 
また融資枠に関しては収入が多いか少ないかが重要な要素となります。
 
貸金業者側でいくらまで融資できるかを判断しますので、申込時に希望額を伝える事は問題ないと思いますが、それ以前にまずは働いて安定収入がある事が大前提となります。
 
 

仕事の職種はどうしよう・・・

どの職種がいいのか
 
仕事の職種は何でもいいでしょう。
 
基本、学生は学びながら生活を送ることになりますので、深夜のコンビニバイトや飲食店でも良いでしょうし、または高額な学費を稼ぐために夜の世界で働く大学生や風俗店で働く大学生も多くいます。
融資枠の考え方というのは年収に対して何割の融資枠と考えますので、年収が多ければ多い程、融資枠に期待が持てます。
一方年収の額が少額だと、希望額に達さない場合もありますのであらかじめ注意が必要です。
 
また貸出金利ですが一般的な貸金業者の場合、学生カードローンだからといって学割のような貸し出し金利を用意している業者は少なく、通常の貸し出し金利で受付する業者が殆どですので、金利の優遇はあまり期待しない方が良さそうです。
 


このページの先頭へ