覚悟を決めて親に相談する

覚悟を決める
 
人の信用とは生きていく上でとても大事なアイテム。
この信用がない事で成功のチャンスをみすみす逃してしまう人も数多くいます。
そのため、若いうちからお金のトラブルを発端に信用を失うデメリットは人生において大きな穴になってしまいます。

そんなリスクの高い信用失墜を回避するには…
 
自分一人で抱え込まずに誰かに相談することが大事なポイントとなります。
 
 

誰にも話してないし、相談なんてできない・・・

親子
 
バレないようにお金を借りて、結果このような形になると、誰に相談したらいいのかわからないですよね。
その問題のタネが学生カードローンにあるのであれば、最も身近な資本である両親に相談してみるのも方法のひとつ。
 
親はいくつになっても子供が可愛く思えますので、万が一の時もきっと助けになってくれるはず!
若いうちから社会的な信用を失うデメリットを誰よりも一番知っているのも親です。
バレないようにお金を借りれたものの、返済となったとき、このような形で知られてしまうのも気分はよくありません。
ですが、学生カードローンの返済が困窮している事実と、今後の返済方法に関して承知で相談してみるのも方法です。
 
多くの親がその様な事実を知っている訳もないので、動揺しますし怒りもするでしょう。
しかしそれは子供を思っての怒りであり、言い換えるなら親の愛情です。
 
もし本当に資金ショートして返済に困窮しているのであれば、覚悟を決めて親に相談してみましょう。
間違っても友人に借りたり、また大学の教授に借りに行ったりしないようにしてください。
しっかりと返済できればいいのですが、返済できなければデリケートな人間関係に大きなひびが入る可能性があります。
 
まず、このような形にもならないように、計画を立ててお金を借りるようにしましょう。
 


このページの先頭へ