最終手段は債務整理を考える

考える
 
学生カードローンに限らず、いかなるカードローンであっても、返済できない時の最終手段は債務整理です。
これは自己破産や任意整理といった借金を分割で返済したり、または借金そのものを帳消しにする為の法律上の手続を指し、事実上の法的救済措置になります。
 
この債務整理は

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産 の4つの手段で債務者を救済します。

 
そして、この4つの手段の中で最も有名な手段が自己破産です。
 
自己破産は現在持っている債務を裁判所の恩赦によって帳消しにしてくれる、貸金業者からしてみれば顔面蒼白になってしまうくらいの大どんでん返しが自己破産ですが、自己破産するには年齢や収入、そして現在の債務の額などを総合的に裁判所側で判断した上で、客観的に支払いが困難だろうという水準にならないと、自己破産の申請は認めてくれません。
 
つまり借金を帳消しにしてもらえる事を免責といいますが、学生カードローンの場合、年齢がまだ若いという事や、債務の額が社会人になって働きだしたら、しっかりと返済可能な額である場合が多い事から、自己破産申請をしても借金帳消しになる免責を受けられない場合が殆どなのです。
 
従って多くの学生カードローンの利用者は自己破産が認められない事から、特定調停や任意整理の方法で利息を特別に免除してもらい、元金だけ分割で支払っていく方法を勧められます。
しかし自己破産までとはいかないまでも、過酷な学生カードローンの高額な返済から逃れられるわけですから、最終手段としては妥当かもしれません。
 


このページの先頭へ