学生カードローン比較ガイド TOP > マガジン > 学生がカードローンを利用するときに多い理由

学生がカードローンを利用するときに多い理由

聞く耳
 
カードローンを申し込むことができるのは20歳以上で、審査に通るには安定した収入があるかどうかがポイントになります。
 
正社員の方だと過去に金銭トラブルなどがなければ問題なく審査に通りカードローンを利用することができますが、学生の方は収入の面で不安に思うかもしれません。
 
しかし学生でもアルバイトなどで毎月安定した収入が少しでもあれば申し込むことができます。
 
実際、多くの学生がカードローンを利用しています。

 

カードローンを利用する学生はどのような理由でお金に困っているの?

 
学生がお金を借りる理由
グラフからもわかるように、学生がお金を借りる理由として最も多いのは生活費です。
 
特に一人暮らしをしている人はアルバイトをしていても、いくつか出費が重なった月は家賃を払うのが厳しいときもあります。
 
次に多いのが友人との交際費です。大学生にもなれば人とのつながりも増えて、飲み会や遊びに行くことが多くなるでしょう。
 
お金がないことは悪いことではありませんが、仲の良い周りの友達たちが遊ぶときに自分だけお金がないという理由で断りづらいと思っている人は少なくありません。
 
他にもブランド品などの高額な買い物をする際や、車の免許をとるためにまとまったお金が必要だったり、卒業旅行などの旅費の足しにしたいとお金を借りる学生もいます。
 

お金を借りる理由は申告する必要がないって本当?

お金を借りる理由は申告不要
 
カードローンは住宅ローンや車のローンのように利用する目的があるローンとは違い、借りたお金を何に使うかは本人の自由なので、申し込みの際にこれらの理由をカードローン会社に申告する必要もありません。
 
学生は昼間は学校に行っていて、夕方や夜だけしかアルバイトをすることができないので、十分な収入を得ることができません。
 
かといってアルバイトに時間を割きすぎると勉強が疎かになったり、友達との時間もなくなってしまいます。
 
勉強も遊びも充実した学生生活を送るためには、一時的にお金を借りるという選択をすることも時には必要です。
 


このページの先頭へ